商品の販売計画をたてるならPOSシステムがおすすめ!

ウーマン

コスト削減に役立ちます

レジスター

格安で利用できます

これまで店舗での決済にはレジを使用するのが一般的でした。レジとは計算機と金庫が一体化したもので、金額や商品の打ち込むことで売り上げ管理ができることに加え同時にお金の管理もできる機械のことです。このレジは小売店舗に広く普及していますが古いシステムということもあり、打ち込みに時間がかかることや入力間違いも頻発するのが難点でした。そこで新たに登場したのがポスレジです。ポスレジとはネットワーク化した新しいレジシステムのことで、商品の決済を行った時点でクラウド上に販売情報や売り上げが集約されるのが特徴です。このポスレジでは販売情報が蓄積や分析が可能となるため、季節による売り上げ数の変化や総売り上げに対する貢献度などを一瞬で判断することができます。またポスレジは市販のタブレットにインストールすることができるので、カメラ機能と連動すればセルフレジシステムも構築することができます。セルフレジシステムを構築すればレジ待ちの行列解消に役立つほか、レジスタッフを少なくして人件費を抑えることもできるようになります。このポスレジの大きな特徴は導入価格が安い点です。従来までのレジは販売情報集計システムなどを組み込むと100万円近い導入費用が必要でしたが、タブレットタイプのポスレジなら10万円程度から導入できます。タブレットタイプのポスレジなら直感的な操作が可能なのでミスが減ることに加え、幅広い機能を格安で利用できるのでコスト削減に大きく役立ちます。